メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

台風21号

大阪湾で過去最高の潮位329センチ 

高潮が発生する仕組み

 台風21号に伴い、近畿地方の沿岸部を中心に各地で高潮が発生し、6地点で過去最高を一時的に超過した。関西国際空港がある大阪府では潮位329センチを観測し、死者194人を出した第2室戸台風(1961年)時の過去最高潮位293センチを超えた。

 気象庁によると、記録を超えたのは、第2室戸台風で230センチを観測した神戸市の233センチ▽2014年の台風11号で163センチだった和歌山県御坊市の316センチ▽同11号で167センチだった徳島県美波町の203センチ--など。

 高潮は複数の要因が重なって発生する。気圧が周辺より低い台風の中心付近では、大気が海面を押さえる力が…

この記事は有料記事です。

残り346文字(全文630文字)

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. ホテル 「ヒルトン福岡」駐日キューバ大使の宿泊拒否
  2. 中央防災会議 南海トラフ前兆 M8級「半割れ」で要避難
  3. 大相撲 一人横綱の稀勢の里、4連敗
  4. 決算予想 ライザップ赤字に グループ企業業績改善遅れで
  5. 衆院内閣委 桜田氏、サイバー担当でもパソコン使わず

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです