メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

兵庫・香住漁港

ベニズワイガニ初競り 1匹最高6万円

今シーズン初の競りにかけられるベニズワイガニ=兵庫県香美町で2018年9月4日、高田房二郎撮影

 兵庫県香美(かみ)町の香住(かすみ)漁港で4日朝、日本海の秋の味覚、ベニズワイガニの初競りがあった。真っ赤なカニが床一面に置かれ、威勢良く競る声が響いた。

     但馬漁協によると、同港はベニズワイガニを水揚げする関西で唯一の港。漁は今月から解禁され、地元では「香住ガニ」というブランド名で観光客や都会の消費者へのPRに努めている。

     初日の水揚げは約20トンで、1匹最高6万円の値が付いた。関係者は「取引価格は例年より高めでうれしい。ブランドが根付いてきた」と話し、カニ同様に頬も紅潮。【高田房二郎】

    毎日新聞のアカウント

    話題の記事

    アクセスランキング

    毎時01分更新

    1. 新潮45休刊 「組織ぐるみ擁護に怒り」新潮社前でデモ
    2. 静岡・沼津 「深海プリン」インスタ映えで話題
    3. 新潮社 「新潮45」休刊声明全文 「深い反省の思い」
    4. 新潮社 「新潮45」が休刊 杉田氏擁護特集で批判浴び
    5. 大相撲 貴乃花親方「告発は真実」 信念貫き、角界去る

    編集部のオススメ記事

    のマークについて

    毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです