メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

名古屋市

市運営施設で医療事故 3370万円支払いへ

 名古屋市は4日、市立西部医療センター(同市北区)で、担当医がB型肝炎ウイルスに関する検査結果を誤認したため、肝不全で当時70代の女性患者が死亡する医療事故があったと発表した。市は誤認と女性の死亡との因果関係を認め、女性の遺族に賠償金約3370万円を支払う方針。

 他にも東部医療センター(同市千種区)で2件の医療事故があったと発表した。

 市によると、西部医療センターで2016年8月、女性がB型肝炎ウイルスを保有しているとの検査結果につ…

この記事は有料記事です。

残り254文字(全文472文字)

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 兵庫・篠山市 「丹波篠山市」変更が賛成多数 住民投票
  2. 鹿児島高1自殺 「かばんに納豆巻き、いじめあった」認定
  3. 街頭演説 麻生氏「人の税金で大学に」 東大卒市長批判
  4. 砂川判決 多数説起案の「入江メモ」発見 自衛権の範囲踏み込まず
  5. 社説 「イッテQ」にやらせ疑惑 うやむやでは済まされぬ

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです