メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

名古屋市

市運営施設で医療事故 3370万円支払いへ

 名古屋市は4日、市立西部医療センター(同市北区)で、担当医がB型肝炎ウイルスに関する検査結果を誤認したため、肝不全で当時70代の女性患者が死亡する医療事故があったと発表した。市は誤認と女性の死亡との因果関係を認め、女性の遺族に賠償金約3370万円を支払う方針。

 他にも東部医療センター(同市千種区)で2件の医療事故があったと発表した。

 市によると、西部医療センターで2016年8月、女性がB型肝炎ウイルスを保有しているとの検査結果につ…

この記事は有料記事です。

残り254文字(全文472文字)

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 女の気持ち 定年を前に 埼玉県日高市・井上しず江(大学職員・64歳)
  2. 風知草 圧勝ですが、何か?=山田孝男
  3. こうのとり7号機 物資運ぶ「こうのとり」 打ち上げ成功
  4. 会津藩公行列 「ありがとなし…」綾瀬はるかさん手を振り
  5. 最年少町長3カ月 2児の母過疎地で奮闘「めげない」

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです