メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

台風21号

クーラーボックスや門扉が凶器に?7人死亡

倒壊し、土佐堀通りを塞いだ工事現場の足場=大阪市西区で2018年9月4日午後3時38分、幾島健太郎撮影

 台風21号の影響とみられる死者は大阪府、滋賀県、三重県で計7人に上った。

 大阪市城東区の路上では倒れていた50代男性が死亡。飛ばされた門扉が男性に当たった可能性がある。同市西区の路上では40代男性が倒れており、間もなく死亡した。風で飛ばされたクーラーボックスが頭部に当たったとみられるという。

 同市港区のマンションでも住人の女性(77)が顔面を深く切って倒れているのが見つかり、死亡が確認された。飛んできたトタンが部屋の窓を割って当たったとみている。

 堺市堺区では、自宅2階のベランダで屋根を修理していた70代男性が、柵ごと地面に転落し死亡した。強風…

この記事は有料記事です。

残り338文字(全文614文字)

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 米国 ガガさん「大統領、少しは加州の人に思いを」と批判
  2. 中央防災会議 南海トラフ前兆 M8級「半割れ」で要避難
  3. 特集ワイド 安田純平さん シリア拘束で「無期懲役の恐怖」 自分の人生、変えていきたい
  4. アムネスティ スーチー氏に授与した人権賞撤回
  5. 大相撲 終始無言の稀勢の里、歴史的な3連敗で大きな窮地

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです