メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

大相撲

稀勢の里、再起に不安 連合稽古で豪栄道に完敗

豪栄道(左)の低い攻めに後退する稀勢の里=東京都江東区の尾車部屋で2018年9月4日午前10時20分ごろ、飯山太郎撮影

 大相撲秋場所(9日初日、東京・両国国技館)に向け、横綱・稀勢の里が4日、東京都江東区の尾車部屋で行われた二所ノ関一門の連合稽古(げいこ)で大関・豪栄道に完敗し、8場所連続休場からの再起に不安を残した。

 稀勢の里は最初の相撲こそ得意の左四つから一気に出た。だが、その後は低い当たりの豪栄道に押し込まれ…

この記事は有料記事です。

残り186文字(全文336文字)

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 健康対策 米、メントールたばこ禁止方針
  2. 橋爪功 「まんぷく」を朝ドラと知らず出演快諾 「泥臭く人間臭いドラマになれば」と
  3. キイレツチトリモチ まるでキノコ、珍種が開花 牧野植物園 /高知
  4. 選抜高校野球 21世紀枠、推薦46校出そろう
  5. バラハタ 他にもいる危険な魚 「珍しい」で食べないで

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです