メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

早大ラグビー部

新ユニホーム、白の襟を復活

創部100周年を迎え、新ユニホームを発表した早大ラグビー部の相良南海夫監督(右端)、SH斎藤直人(左から3人目)、CTB中野将伍(同2人目)ら。左端は佐藤真吾主将=東京都新宿区の早大大隈記念講堂で、大谷津統一撮影

 創部100周年を迎えた早大ラグビー部が4日、東京都内で記者会見し、今季から着用する新ユニホームを発表した。伝統のエンジと黒のボーダーに、白の襟を復活させた。

 来年のワールドカップ日本大会に向けた日本代表候補に学生で唯一名を連ねるSH斎藤直人(3年)は「シンプルなデザイン。憧れていたころの早稲田のジ…

この記事は有料記事です。

残り189文字(全文339文字)

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 心臓移植募金、ZOZO前沢氏呼びかけで目標額に 「おうちゃん」家族の思いは
  2. はしか、近畿で急増 患者数の約7割が6府県と三重
  3. ORICON NEWS ウーマン村本、浪江町「なくなる」発言を謝罪 「大反省しないと」
  4. 教義でワクチン非接種 宗教団体ではしか集団感染、拡大か
  5. はしか発症16人に 「あべのハルカス」買い物客も

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです