メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

サッカー日本代表

堂安ら合流、23人そろう 札幌で練習

中島(左から2人目)らとランニングをする堂安(同3人目)=札幌厚別公園競技場で2018年9月4日、竹内幹撮影

 サッカー日本代表は4日、国際親善試合チリ戦(7日、札幌ドーム)に向けて札幌市内で合宿2日目の練習を行った。

 堂安(フローニンゲン)、南野(ザルツブルク)、中島(ポルティモネンセ)、植田(セルクル・ブリュージュ)の4人が合流して今回招集された23人が集合。4人はジョギングのみの軽めの調整で、ほかの選手たちはサイド展開からのシュート練習や8対8のミニゲームなどで約1時間半汗を流した。森保監督が動き方などを具体的に指示する様子も見られた。

 11日には日本代表は大阪・パナソニックスタジアム吹田でコスタリカと対戦する。【大島祥平】

この記事は有料記事です。

残り488文字(全文752文字)

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 訃報 天野健太郎さん 47歳=台湾文学翻訳家
  2. 中央防災会議 南海トラフ前兆 M8級「半割れ」で要避難
  3. 福岡 元貴乃花親方、自衛隊車両運転 内規違反で隊員注意
  4. ホテル 「ヒルトン福岡」駐日キューバ大使の宿泊拒否
  5. NHK紅白 サチモスなど7組初出場 TOKIO選ばれず

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです