メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

アジア大会

野球の社会人代表が銀 対韓国、打力に課題

 2日に閉幕したジャカルタ・アジア大会で、野球の社会人日本代表が2006年ドーハ大会以来3大会ぶりに銀メダルを獲得した。「社会人の力を見せよう」と臨んだ決勝は、全員プロで編成された韓国の壁に阻まれ、1994年広島大会以来24年ぶりの頂点には届かなかった。

 今大会の大きな成果は、8月31日の台湾戦だ。巨人で投手としてプレーした姜建銘(ジャン・チェンミン)もいた台湾はプロ、アマ混成で、前回14年仁川(韓国)大会準決勝で4-10で敗れた相手でもある。日本は上位リーグの初戦で韓国に敗れた後の一戦。3大会ぶりの決勝進出は、3点差以上をつけての勝利が条件だった。

 先発の岡野祐一郎(東芝)が六回途中無失点と好投すると、2番手・荒西祐大(ホンダ熊本)が相手を1安打…

おすすめ記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 大人の発達障害 4割超「うつ病」発症 毎日新聞調査
  2. ザギトワ「マサルが恋しい」 フィギュア女子セレモニー
  3. 「お茶くみ」でつまずき…… 発達障害「6カ所以上の職場」3割
  4. 秋田犬 勝大デビュー ザギトワの「マサル」ときょうだい
  5. 特集ワイド 増える「発達障害グレーゾーン」 しんどさ続き、浮く存在に

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです