メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

加藤浩子の「街歩き、オペラ歩き」

緑の丘の総本山、オペラファン憧れの「聖地」訪問記〜バイロイト音楽祭

バイロイト祝祭劇場の外観

 バイロイト。

 その街の名前は、オペラファンのみならずクラシックファンにとって特別な響きを持つ。リヒャルト・ワーグナー(1813~1883年)が、自分のオペラだけを上演するために建てた特別な劇場がある街なのだ。人口7万3000人のさして特徴もない田舎町なのに、ワーグナーがこの街に白羽の矢を立てたおかげで世界的に有名になってしまった。何しろ駅のホームから、「緑の丘」と呼ばれる高台の上にそびえる赤い神殿のようなワーグナーの劇場「祝祭劇場Festspielhaus(フェストシュピールハウス)」が仰ぎ見えるのだから。「お膝元」という言葉が、これほどふさわしい街もないだろう。

 自分の作品を「総合芸術」と位置づけたワーグナーは、社交場と化していた当時のオペラハウス(桟敷席では…

この記事は有料記事です。

残り3587文字(全文3923文字)

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 大相撲 一人横綱の稀勢の里、4連敗
  2. 日大アメフット 解雇無効求め内田前監督が大学提訴
  3. 中央防災会議 南海トラフ前兆 M8級「半割れ」で要避難
  4. 決算予想 ライザップ赤字に グループ企業業績改善遅れで
  5. ホテル 「ヒルトン福岡」駐日キューバ大使の宿泊拒否

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです