メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

北海道震度6強

経験無い揺れ 西10キロ活断層、関連も 震源37キロ、異例の深さ

停電で町中の信号機が消え、警察の誘導で道路を横断する人たち=札幌市中央区で2018年9月6日午前、真貝恒平撮影
今回の地震の震源と周辺の活断層の位置関係

 気象庁によると、6日未明に北海道で発生した震度6強の地震は、陸のプレートの地殻内で断層面がずれ動いて起きたとみられる。

     震源から西に約10キロ離れた場所には主要活断層帯の「石狩低地東縁断層帯」が南北に走っているが、震源は深さ約37キロと活断層の地震にしては異例の深さで、気象庁は「断層帯との関連は不明」としている。

     同断層帯は、最大マグニチュード(M)7・9の地震が想定される「主部」(長さ約66キロ)と、最大M7・7以上の「南部」(同54キロ以上)からなる。政府の地震調査研究推進本部は、今後30年の発生確率を主部で「ほぼ0%」、南部で「0・2%以下」と想定している。

     政府の地震調査委員会の平田直(なおし)委員長(東京大教授)は取材に「活断層で起こる地震としては震源が深すぎる」として、同断層帯との関連は薄いとの見解を示した。昨年7月にも、今回の地震とメカニズムが似ているM5・1の地震が付近で発生。今回より断層帯に近い場所が震源(深さ約27キロ)だったが、断層帯との関係はないと考えられている。

     ただ、この地域では東西方向から地殻を押す力が加わっていて地震が起きやすく、平田委員長は「特に今後2、3日は同規模の地震に厳重な警戒が必要」と呼びかけた。

     一方、東京大の古村(ふるむら)孝志教授(地震学)によると、同断層帯は地下で東に傾いて深くなっており、今回その断層面で発生した可能性を否定できないという。古村教授は「活断層か、活断層と平行に走る隠れた断層で起こったのではないか」と指摘する。

     北海道では千島海溝沿いのプレート境界でM9級の巨大地震の発生も懸念されている。【池田知広】

    泊原発、外部電源喪失 発電機で核燃料冷却維持

    北海道電力泊原発=泊村で2017年9月、本社機「希望」から竹内幹撮影

     原子力規制委員会などによると、北海道電力泊原発(北海道泊村)では地震による停電で外部電源を喪失した。非常用ディーゼル発電機6台を起動して電気を供給し、燃料プール内の核燃料の冷却を維持しているという。原発周辺の放射線測定で異常値は確認されていない。3号機は正午過ぎに外部電源が復旧した。

     泊原発1~3号機は運転を停止しており、原子炉内に核燃料は入っていない。非常用発電機は最低でも7日間稼働を続けることが可能という。また、東北電力東通原発(青森県東通村)、同女川原発(宮城県女川町)など東北地方の施設に異常はないという。【鈴木理之】

    長周期地震動、最大級

    北海道で発生した主な大規模地震

     気象庁は今回の地震について、新千歳空港で長周期地震動の揺れとしては最大の「階級4」を観測したと発表した。気象庁は2013年3月から試行的に長周期地震動の観測情報を提供している。これまでに階級4を観測したのは、16年4月15日と同16日の熊本地震で、今回が3回目。

     長周期地震動は地震の揺れの成分のうち、ゆっくり繰り返す長い揺れで、大地震の際に高層ビルに大きな影響を及ぼす。階級4は「高層ビルの中にいる人が立っていることができず、はわないと動くことができない状況」とされる。

     今回の地震では、千歳市北栄で階級3、十勝地方や胆振(いぶり)地方などで階級2を観測した。気象庁の松森敏幸・地震津波監視課長は「長周期地震動は離れた所でも減衰せず伝わる。家具や事務機器を固定して今後の地震に備えてほしい」と呼び掛けた。【最上和喜】

    毎日新聞のアカウント

    話題の記事

    アクセスランキング

    毎時01分更新

    1. KDDI 3Gサービス 22年3月末終了 携帯大手で初
    2. 選抜高校野球 21世紀枠、推薦46校出そろう
    3. 上戸彩 娘とTikTokにハマり中 動画撮影にも挑戦
    4. フィギュアGP 羽生SP首位、世界最高得点で ロシア杯
    5. 質問なるほドリ 5Gどんな通信? 動画も超高速ダウンロード 自動運転支える=回答・森有正

    編集部のオススメ記事

    のマークについて

    毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです