メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

 ある陶芸家の没後50年にちなんだ展覧会に行った。芸術の秋というほどの知識もないが、東京都内で見かけたポスターに引かれた。

 力強く色鮮やかだが、素朴だ。不思議な展覧会と感じるのは、作者の言葉の数々も壁に「展示」されているからだ。「過去が咲いている今、未来の蕾(つぼみ)で一杯な今」「私は私を形でしゃべる」……。

 うーん、難しい。哲学者みたいだ。でもおもしろい。

おすすめ記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 慶応大が渡辺真由子さんの博士取り消し
  2. 武田・厚労省課長 韓国で逮捕 「韓国人嫌い」空港職員に暴行か
  3. 神奈川知事選 現職と新人の2氏が届け出 県政継続の是非が争点
  4. ドラマ◎NHK 「いだてん」降板、瀧容疑者へ損害賠償請求検討(スポニチ)
  5. 三重知事選 現職と新人の2氏が届け出

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです