メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

 ある陶芸家の没後50年にちなんだ展覧会に行った。芸術の秋というほどの知識もないが、東京都内で見かけたポスターに引かれた。

 力強く色鮮やかだが、素朴だ。不思議な展覧会と感じるのは、作者の言葉の数々も壁に「展示」されているからだ。「過去が咲いている今、未来の蕾(つぼみ)で一杯な今」「私は私を形でしゃべる」……。

 うーん、難しい。哲学者みたいだ。でもおもしろい。

この記事は有料記事です。

残り734文字(全文914文字)

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 覚醒剤 使用容疑で元うたのお兄さんを逮捕
  2. 安室さんコンサート 療育手帳提示で入場できず 返金へ
  3. 自民党総裁選 小泉進次郎氏、石破氏を支持
  4. 日本維新の会 創始者・橋下氏が新著「維新、失敗だった」
  5. 北九州 マンションで女性4人死亡、自殺か

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです