メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

2018自民党総裁選

あす告示 8600票、盛り上がり欠け 県内、投票率低下か /秋田

 自民党の総裁選が7日、告示される。選挙戦となった前々回(2012年)は5人が立候補したが、今回は安倍晋三首相と、石破茂元幹事長の一騎打ちの公算が大きい。県内の自民関係者からは「首相優位が明確。大きな争点も見当たらず、盛り上がりに欠ける」との見方が出ている。県内で約8600とされる党員票の行方は。【山本康介】

 12年の総裁選では、県内の党員票は安倍氏の917票に対し、石破氏が2638票と圧勝。今回は党員票が…

この記事は有料記事です。

残り1149文字(全文1354文字)

おすすめ記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. いじめを半年以上放置 広島・呉の中3下着脱がされ精神疾患
  2. 「亡き友よ 次は甲子園の優勝メダル届けるよ」筑陽学園・西舘投手
  3. 準強姦無罪判決のなぜ その経緯と理由は?
  4. 高2自殺の背景に教員らの「いじめ」があった 遺族は強い憤り
  5. 初出場の筑陽学園がセンバツ初勝利 福知山成美との競り合い制す

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです