メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

東日本大震災

震災メモリアル施設を整備 いわき市20年春開館目指す 資料展示、防災学習の場に /福島

 いわき市は近く、東日本大震災の津波で市内最大の被害を受けた平薄磯地区で、震災の記憶や教訓を後世に伝える「震災メモリアル中核拠点施設」の建設を始める。6日開会の市議会定例会に、整備費を盛り込んだ補正予算案を提出。2020年春のオープンを目指す。

 いわきでは、沿岸を襲った津波と、1カ月後の余震を含めた地震の被害が大きく、直接死は293人に上った。施設は、被災と復興の記憶を資料展示で残し、防災学習の場ともする。子どもたちの校外学習での利用や、見学者が市内の被災地を訪ねる際の足場とし…

この記事は有料記事です。

残り363文字(全文604文字)

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 衆院内閣委 桜田五輪相「判断力は抜群」「世界で有名に」
  2. 奈良女児殺害14年 父親が手記「私の背中そっと支える」
  3. 慰安婦財団解散 日本政府、強く反発も…漂う“韓国疲れ”
  4. 社説 桜田五輪担当相の迷走 滞貨一掃人事の重いツケ
  5. 夜景都市 新三大夜景、神戸が4位に、北九州市に抜かれる

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです