メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

れとろ探訪

初代大阪駅 /大阪

れんがに覆われた外観が大阪名物になっていた初代大阪駅。開業の頃、周辺は田畑と草原に囲まれ春は見渡す限りの菜の花で、夏はカエルが大合唱していたという

 大阪・キタの中心地、JR大阪駅は1874(明治7)年5月11日に開業した。当時の場所は現在より西側で、西梅田スクエアの北西部分にあった。赤れんがで覆われた2階建ての洋風建築と蒸気機関車の見物に来る人も多かったという。

 同年5月28日の東京日日新聞(毎日新聞の前身)に、鉄道の開通は便利で役立つと人々が喜んだと書かれた。路線の橋やトンネルなどの設備は新橋・横浜間よりも美しく、「ステーション」…

この記事は有料記事です。

残り294文字(全文490文字)

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 「手術女性患者にわいせつ」医師に無罪判決 「女性に性的幻覚の可能性」 東京地裁
  2. 墜落 空自戦闘機、山口沖に 乗員2人救助 築城基地所属
  3. 自衛隊エピソードは空自幹部の息子 安倍首相明かす
  4. 白血病などの遺伝子治療製品、国内初承認へ
  5. 特集ワイド 結婚は「多くの人納得」必要? 女性皇族の「自由恋愛」定着したが…

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです