メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

フォーカスながさき

猛暑の夏、県内の影響は? 5地点で過去最高気温 熱中症の搬送者数が記録更新 /長崎

 全国的な猛暑となった今年の夏、県内でも最高気温が過去最高となった観測地点が出た他、熱中症(疑いを含む)による搬送者数も過去最多となった。一方で、暑さ対策グッズの売れ行きは好調だった。今夏の気象の影響をまとめた。【加藤小夜】

 ■気温

 長崎地方気象台によると最高気温は、大村38・7度(8月12日)▽佐世保38・0度(同14日)▽厳原36・9度(7月26日)--など5地点で観測史上最高となった。8月の平均気温も島原(29・8度)▽大村(29・7度)▽長崎(29・5度)--など7地点で過去最高を観測した。8月は、降水量が各観測地点で平年比15~54%だった。気象台は「9月の2週目以降は、平年並みか低い気温になりそうだ」と話している。

この記事は有料記事です。

残り749文字(全文1066文字)

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 陸自 砲弾、一般車被害 国道そばに着弾 滋賀の演習場 目標1キロずれ
  2. キスマイ宮田俊哉 風間俊介の兄役で「やすらぎの刻~道」出演 短髪姿にメンバーは「アリだね!」
  3. 中央防災会議 南海トラフ前兆 M8級「半割れ」で要避難
  4. 大相撲 稀勢の里「悔しい。今場所は申し訳ない」
  5. セクハラ防止ポスター 困り顔の男性をアップ 批判相次ぐ

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです