メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

台風21号

関空、全面復旧長期化 B滑走路再開「1週間で」

高潮による浸水で閉鎖された関西国際空港。誘導路などには水たまりが残る。右は第1ターミナルビル=2018年9月5日午後6時半、本社ヘリから加古信志撮影

 台風21号の高潮による浸水で関西国際空港が閉鎖された問題で、空港を運営する関西エアポートは5日、2本ある滑走路のうち比較的被害の小さいB滑走路(4000メートル)の運用を先行して再開する方針を明らかにした。同社の西尾裕専務執行役員が記者会見し、強風にあおられたタンカーが衝突して通行止めになっている空港連絡橋が通れるようになるなどの条件が整えば、1週間程度で再開したい意向を示した。ほぼ全域が浸水したA滑走路(3500メートル)の再開を含めた全面復旧の見通しは立っていない。

 大阪湾に浮かぶ関空は、1期島と2期島に分かれており、それぞれに滑走路とターミナルビルがある。今回の…

この記事は有料記事です。

残り604文字(全文892文字)

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 新潮45休刊 突然の決断、予想超えた批判
  2. 新潮社 「新潮45」休刊声明全文 「深い反省の思い」
  3. 新潮45休刊 「組織ぐるみ擁護に怒り」新潮社前でデモ
  4. 伊方再稼働許可 「福島の事故忘れたか」被爆者ら怒り
  5. 新潮社 「新潮45」が休刊 杉田氏擁護特集で批判浴び

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです