メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

2018自民党総裁選

党員票 首相「圧勝」目標微妙 石破派強気「5割取れる」

自民党総裁選の情勢

 自民党総裁選(7日告示、20日投開票)で、安倍晋三首相(63)は焦点の党員票でも石破茂元幹事長(61)を上回る見通しになった。ただ、学校法人「森友学園」「加計学園」問題の影響を懸念する声は地方組織になお根強い。選挙後の政権基盤を安定させたい首相陣営は7割の得票を目指すが、「圧勝」ラインに届くかは微妙な情勢だ。【まとめ・高橋恵子】

 首相の出身派閥の細田派幹部は5日、党員票の情勢について「6割を超えるという感触はある。もっと上乗せ…

この記事は有料記事です。

残り987文字(全文1203文字)

おすすめ記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 台湾東岸・花蓮でM6.1地震 震源の深さ18キロ
  2. 外国人保育施設「無償化から外れる?」 保護者ら不安、母語での保育「貴重」
  3. 熊本地震3年 「ワンピース」のキャラクター像8体 設置自治体を決定 熊本県
  4. 女性巡査が「出会い系」通じ男性と交際、懲戒処分に 山口県警
  5. 直前「胸騒ぎ」で井戸 命つなぐ 神戸の92歳、二つの大地震の経験生かす

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです