メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

2018自民党総裁選

自民の報道介入に識者から疑問の声

自民党が新聞、通信各社に配布した総裁選について「公平・公正な報道」を要請する文書には、掲載面積をそろえるなど事細かな「注文」が並ぶ

 自民党が7日告示の党総裁選について新聞・通信各社に注文を付けた文書に波紋が広がっている。文書では、内容、面積を含めて候補者を「平等・公平」に扱うよう事細かに求めた。テレビ局にも出演交渉時に同様の要請をするとしている。これまでも参院選や衆院選でテレビ局に「公平・公正」な報道を要請して議論を呼んだが、政党内の選挙でもメディアの報道の仕方の細部まで介入することには疑問の声が上がっている。【青島顕、屋代尚則】

 「総裁選挙に関する取材・記事掲載について」との題の文書は先月28日、自民党本部総裁選挙管理委員会が…

この記事は有料記事です。

残り2021文字(全文2274文字)

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 解決せぬ差別に失望 性同一性障害を持つ上田さん「時代はむしろ後退」
  2. 全国から注文殺到 福島名物「ラヂウム玉子」ロゴ入りTシャツが人気
  3. 競馬・藤田菜七子はG1制覇ならず5着 フェブラリーステークス
  4. 競馬 菜七子“伝説V”へ! JRA女性騎手初G1で決める(スポニチ)
  5. 時代の風 日本人の変わらぬ中国観 自国の立ち位置、直視を=城戸久枝・ノンフィクションライター

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです