メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

記者の目

故・翁長沖縄県知事、本土への問い 「魂の飢餓感」に答えを=佐藤敬一(西部報道部)

普天間第二小学校に駆け付け、米軍機から落下した窓の写真を掲げた翁長雄志知事=沖縄県宜野湾市で2017年12月13日、佐藤敬一撮影

 沖縄県知事として米軍普天間飛行場(沖縄県宜野湾市)の名護市辺野古への県内移設計画に反対した翁長雄志(おながたけし)氏が8月8日、67歳で急逝した。政府や本土は、沖縄戦や27年に及んだ米軍統治など、沖縄が歩んだ苦難の歴史に目を向けず、戦後73年の今も米軍専用施設の70%という過重な基地負担を押しつける。そのことに翁長氏は異を唱え続けた。「沖縄が日本に甘えているのか、日本が沖縄に甘えているのか」「沖縄県にのみ負担を強いる今の日米安保体制は正常といえるのか」。政府がどれだけ力でねじ伏せようとしても、翁長氏が残した問い掛けに答えることがなければ、沖縄の問題は決して解決しない。

この記事は有料記事です。

残り1781文字(全文2069文字)

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 大相撲 貴乃花親方が相撲協会に退職届を提出
  2. 涼宮ハルヒ 5年ぶり新作書き下ろし短編 「ザ・スニーカー」特別号に掲載
  3. 苫小牧の国道 交差点で衝突事故 6歳女児と母の2人死亡
  4. WEB CARTOP 海外で言うと恥ずかしい!? 日本車のおかしな車名3選
  5. シンポジウム 戸田恵子さん 認知症だった母の介護語る

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです