メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

英国

神経剤暗殺未遂 ロシア人2人に逮捕状 「容疑者、情報局員」

アレクサンドル・ペトロフ(左)とルスラン・ボシロフの両容疑者=2018年9月5日、ロンドン警視庁提供・AP

 【ロンドン矢野純一】英南部ソールズベリーで今年3月、ロシア軍情報部門の元大佐と長女が猛毒の神経剤「ノビチョク」で襲われた暗殺未遂事件で、ロンドン警視庁は5日、実行役のロシア人2人を特定し、殺人未遂容疑で欧州連合(EU)共通の「欧州逮捕状」を取ったと発表した。メイ首相は5日、2人がロシア連邦軍参謀本部情報総局(GRU)の職員と認識していることを明らかにした。

 一方、ロシア通信によると、ロシア外務省は容疑者が特定されたことについて「何の意味もない」として、関…

この記事は有料記事です。

残り346文字(全文576文字)

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. コトバ解説 「風疹」と「麻疹」の違い
  2. 風疹 流行広がり患者数5倍超 「妊婦は外出避けて」
  3. 風疹 症状、妊婦への影響、予防法・・・Q&Aまとめ
  4. 大阪地裁 たこ焼き店脱税、起訴内容認める 初公判
  5. 大相撲 番付編成会議 貴乃花親方は欠席

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです