メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

信託商品

認知症に備え 高齢者利用増で安心サービス投入 引き出しに親族同意/使途、医療など限定

 高齢社会を迎え、大手信託銀行が認知症などで高齢者の判断力が低下した場合に備える信託商品やサービスを相次いで投入している。振り込め詐欺などから資産を守ったり、本人に代わって、あらかじめ決めた目的に支出したりするのが主な内容で、お金の管理に不安を感じる高齢者の利用が増えている。【深津誠】

 認知症に関連した信託商品としては、これまでも「後見制度支援信託」がある。認知症が進行して後見人を付ける際に、家庭裁判所を通じて信託銀行が財産を引き受ける仕組みで、今年3月末現在の利用件数は業界全体で2万927件と3年前の4倍に急増した。ただし、お金を引き出す際に裁判所の許可が必要となるなど機能が「財産の保全」に偏り、本人の意向を反映しにくい難点があった。

 これに対し、みずほ信託銀行が昨年8月に販売を開始した「選べる安心信託」は裁判所の許可は不要だが、本…

この記事は有料記事です。

残り1259文字(全文1631文字)

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 寡婦控除 未婚に所得制限、事実婚は対象外 与党調整
  2. ことば 寝屋川中1男女殺害事件
  3. 大阪・寝屋川の中1殺害 「娘は優しい子」被害者母が証言 公判
  4. 韓国 慰安婦財団の解散発表 事業終了を決定
  5. 寝屋川中1殺害 「2人に声かけなければ」遺族に被告謝罪

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです