メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

経済観測

米国の働き方改革議論=国家公務員共済組合連合会理事長・松元崇

 かつて留学していた米国スタンフォード大学ビジネススクールのウェブサイトで働き方改革の議論を見つけた。同大学のジェフリー・フェファー教授が最近の本で、米国流の経営による働き方を改めるべきだと主張しているのだ。

 同教授は、「悪いヤツほど出世する」という本で、数年前、我が国でも注目された人物。最近の本では、米国の職場での長時間労働が、慢性疾患やメタボリック症候群、さらには薬物及びアルコール乱用につながって生産性の低下を招いており、経営陣に対する不信、仕事への不満の高まりが、従業員の結婚生活や子育てを不安定なものにしていると指摘している。

 注目すべきは、米国では当たり前のレイオフ(一時解雇)も問題だとしている点だ。レイオフされた従業員が…

この記事は有料記事です。

残り371文字(全文690文字)

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 安室さんコンサート 療育手帳で入場断られ…「取り返しがつかない」憤りの声
  2. 三越伊勢丹 3店閉鎖へ 新潟、相模原と府中
  3. 台風24号 沖縄は大しけ 30日ごろ西日本直撃恐れ 
  4. 県教委 バイク免許に新要項 高校生「3ない運動」廃止 /埼玉
  5. トランプ米大統領 自慢に失笑 国連総会で各国指導者

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです