メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

旧優生保護法を問う

調査報道、当事者救済導く 立命館大大学院先端総合学術研究科教授・松原洋子氏

 旧優生保護法における強制不妊手術の実態解明について、メディアの果たした役割は大きい。特に毎日新聞は手術を強制された当事者のみならず、手術に関わった医師や専門家らの声を多角的に取り上げ、法律の成立過程や手術関連記録を深掘りする記事を掲載するなど充実した報道を展開した。当事者救済への動きをけん引したという点で、その功績は特筆すべきだ。

 ハンセン病患者への不妊手術は知られていたが、旧法が指定した障害に基づく強制不妊の実態は闇の中だった…

この記事は有料記事です。

残り592文字(全文809文字)

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. キスマイ宮田俊哉 風間俊介の兄役で「やすらぎの刻~道」出演 短髪姿にメンバーは「アリだね!」
  2. セクハラ防止 内閣府ポスター不評 深刻さ伝わる?
  3. 陸自 砲弾、一般車被害 国道そばに着弾 滋賀の演習場 目標1キロずれ
  4. 入れ墨 「医療行為に当たらず」 彫り師に逆転無罪
  5. 平井科技相 宛名のない領収書61枚 選挙費の5割

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです