メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

科学の森

東日本大震災7年半 見えてきた原発事故のデブリ

 東京電力福島第1原発事故から11日で7年半が経過するが、溶け落ちた核燃料や周囲の構造物(燃料デブリ)の処理は手つかずのままだ。原子炉圧力容器を突き抜けたデブリの取り出しは前例がなく、廃炉に向けた最大の難関となっている。現状に迫った。【鈴木理之】

 ●直接触れて調査へ

 「デブリは未知なるものだが、ステップ・バイ・ステップ(一歩ずつ)で調査を進め、性状などを押さえたい」

 東電・福島第1廃炉推進カンパニーの小野明最高責任者は7月の記者会見で、今後の調査計画について語った…

この記事は有料記事です。

残り1497文字(全文1731文字)

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 戦争の愚 風船爆弾に悔い 製造の経験を小説に
  2. 社説 「イッテQ」にやらせ疑惑 うやむやでは済まされぬ
  3. 防衛省 自衛官定年延長へ 少子化で応募減 年内に決定
  4. 街頭演説 麻生氏「人の税金で大学に」 東大卒市長批判
  5. 選抜高校野球 21世紀枠、推薦46校出そろう

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです