メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

テニス

全米オープン 圧倒セリーナ、4強

女子シングルスの準々決勝でストレート勝ちし、4年ぶりの大会制覇へ向けて前進したS・ウィリアムズ=AP

ナダル競り勝つ

 【ニューヨーク浅妻博之】テニスの4大大会最終戦、全米オープン第9日は4日、当地のビリー・ジーン・キング・ナショナル・テニスセンターで行われ、男子シングルス準々決勝は2連覇を狙う第1シードのラファエル・ナダル(スペイン)が第9シードのドミニク・ティエム(オーストリア)に0-6、6-4、7-5、6-7、7-6で競り勝った。第3シードのフアンマルティン・デルポトロ(アルゼンチン)は第11シードのジョン・イスナー(米国)に逆転勝ちして2年連続の準決勝進出。ナダルとデルポトロは準決勝で対戦する。

 女子シングルス準々決勝は、4年ぶり7回目の優勝を狙う第17シードのセリーナ・ウィリアムズ(米国)が…

この記事は有料記事です。

残り823文字(全文1126文字)

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. プロ野球 セ・リーグ全日程終了危機 阪神残りは18試合
  2. 覚醒剤 使用容疑で元うたのお兄さんを逮捕
  3. 日本維新の会 創始者・橋下氏が新著「維新、失敗だった」
  4. 絶滅危惧種 大阪湾で「アカメ」捕獲
  5. 自民総裁選 じわり広がる不満、圧勝逃す 「安倍1強」転換点

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです