メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

プロ野球

新井、花道は日本一 今季限りでの引退表明 「今後のカープ考えたら今」

今季限りでの引退を表明した広島東洋カープの新井貴浩内野手=広島市で2018年9月5日午後0時9分、田中将隆撮影

 広島の新井貴浩内野手(41)が5日、広島市のマツダスタジアムで記者会見を開き、「今年は(ファンを)喜ばせられていないし、若手が力をつけてきている。今後のカープを考えると今年がいいんじゃないかと考えた」と述べ、今季限りでの引退を表明した。

 8月初旬に球団に引退を申し入れたことを明かし、「『考え直せ』と言ってもらい1カ月考えてみたが、気持ちが変わらなかった」と話した。球団初のセ・リーグ3連覇に向けて首位を走るチームを念頭に「日本一になって、うれし涙で終われたら最高。全力で駆け抜けたい」と話した。

 今季は3月に左足ふくらはぎを痛め14年ぶりに開幕1軍から外れ、5月初旬に戦列に復帰。5月23日には…

この記事は有料記事です。

残り1514文字(全文1813文字)

おすすめ記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 羽生、魂の演技でフリー200点、トータル300点超え
  2. 人口動態統計 10~14歳死因、自殺最多 17年100人、動機不明が突出
  3. 読売新聞記者がセクハラ 懲戒処分へ
  4. 初の高校eスポーツ選手権、華々しく開幕 好プレーに歓声
  5. 「皇帝」の演目演じきった羽生、300点台の2位にも「負けは死も同然」

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです