メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

体操

体罰の連鎖、浮き彫り 速見コーチ「受けた指導、根底に」

 体操女子の宮川紗江(18)に対する暴力行為を認めた速見佑斗コーチ(34)は、東京都内で開いた5日の記者会見で、「自分もそういう(暴力による)指導を受け、それが根底にあった。むしろ感謝の気持ちを持っていた」と明かした。暴力による指導が連鎖した実態が浮き彫りになった。

 速見氏は日体大、実業団の徳洲会と体操界の主流を歩んだ後、指導者として9年目を迎えた。以前はけがにつながるような練習に限って「たたいても教えることが必要」と暴力を用いたが、宮川が五輪や世界選手権で活躍するようになった最近は暴力を「正当化するようになった」という。

 宮川も当初は日本協会が認定した暴力行為について、「パワハラされたと感じていないし、訴えてもいない」…

この記事は有料記事です。

残り694文字(全文1009文字)

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 福岡県警 イオン来店ポイント詐取容疑、男逮捕
  2. 米ユダヤ系団体 ナチス帽着用でBTS非難
  3. 横浜女性刺傷 「金を取る目的だった」逮捕の71歳容疑者
  4. ライフスタイル [新年度の疑問]会社の経費で得たポイントやマイル、個人的に使うのアリなの?(GetNavi web)
  5. ANA 国内線の搭乗 「ステータス」から「番号」に変更

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです