メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

米大リーグ

エンゼルス・大谷、松井に並ぶ16号

 【アーリントン共同】米大リーグは4日、各地で行われ、エンゼルスの大谷がアーリントンでのレンジャーズ戦に「2番・指名打者」でフル出場し、1-4の六回に左投手からメジャー初本塁打となる16号ソロを放って4打数1安打1打点、1得点で2三振だった。メジャー1年目の日本選手の本塁打数で2003年の松井秀喜(ヤンキース)に並ぶ2位とし、1位の06年の城島健司(マリナーズ)にあと2本に迫った。

 同僚の田沢は2-4の七回に登板し、1回を1安打無失点だった。チームはそのまま敗れた。

この記事は有料記事です。

残り802文字(全文1037文字)

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 自民総裁選 じわり広がる不満、圧勝逃す 「安倍1強」転換点
  2. プロ野球 セ・リーグ全日程終了危機 阪神残りは18試合
  3. 自民総裁選 伸びぬ党員票「打ち上げではない。反省会だ」
  4. 覚醒剤 使用容疑で元うたのお兄さんを逮捕
  5. 安倍政権 麻生氏、菅氏ら留任へ 「次の国会に改憲案」

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです