メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

欧州アルプス

モンブラン入山規制へ 上限を214人に

モンブラン

 【パリ賀有勇】欧州アルプス最高峰モンブラン(標高4810メートル)で今夏、登山客らの遭難死が相次いだことを受け、フランスの地元当局は来年から1日当たりの入山者の上限を214人に規制する方針を決めた。

     上限の数字は、「ロイヤルルート」と呼ばれるモンブラン登山の主要ルートにある三つの山小屋(避難小屋)の収容可能人数の合計を基に算出された。

     AFP通信などによると、モンブランには夏山シーズンには1日約400人の登山者が訪れる。昨年は14人が死亡、30代の日本人男性を含む2人が行方不明になった。今年は熱波で雪解けが進んだことで、落石による死者が相次いだ。

     過剰な登山者数や経験不足の登山者が問題化しており、地元当局は今夏、登山ルートにある山小屋に事前に宿泊予約していない登山者を引き返させる措置を講じたものの効果は限定的で、夏山シーズンだけで16人が死亡した。

     仏メディアなどによると、登山口である仏東部サンジェルベレバンのペイエ町長は、靴底に金属製の爪がついた「アイゼン」などを持たないスニーカー姿の軽装登山者が後を絶たないほか、ギネス記録を目指そうと山頂に旗を掲げるために長さ10メートルの支柱を持参したグループがいたと指摘。また、混雑を巡る殴り合いも起きたほか、昨年は子供の救助をヘリコプターで要請したものの、そのまま登山を続けた父親もいたという。

    毎日新聞のアカウント

    話題の記事

    アクセスランキング

    毎時01分更新

    1. 社告 優勝額を販売します 9月場所・白鵬関
    2. 所ジョージ 「夏に胆のう摘出手術」 新番組で記者会見
    3. 赤坂電視台 川合俊一 日本女子バレーの団結力はすごい!
    4. 新潮社 「あのヘイト本」Yonda? 看板に落書き
    5. 東京 コインロッカーから乳児遺体 無職女性が事情知る?

    編集部のオススメ記事

    のマークについて

    毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです