メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

北海道震度6強

北電「全面復旧に1週間以上」計画停電も

停電で町中の信号機が消え、警察の誘導で道路を横断する人たち=札幌市中央区で2018年9月6日午前、真貝恒平撮影

 北海道で起きた地震の影響で、北海道内すべての火力発電所が緊急停止し、一部の発電所で火災や破損が発生した。全道295万戸が停電状態になり、信号や医療機関など市民生活にも影響が広がっている。北海道電力の真弓明彦社長は「全道の電力の復旧には1週間以上かかる。市民に迷惑をかけ申し訳ない。全ての電源が落ちるリスクは低いと考えていた」などと話した。計画停電も検討している。鉄道や航空など交通機関も深刻な影響を受け、本州との往来に大きな支障が出ているほか、固定電話3万4000回線が不通となり、携帯電話もつながりにくい状態が続いている。

 北電によると、道内唯一の原発、泊原発はもともと運転停止中で、震源に近く管内電力の約半分をまかなう苫東厚真火力発電所(厚真町、165万キロワット)が地震の揺れを感知して緊急停止した。4号機のタービンから出火、1、2号機は水蒸気が漏れ、配管が損傷したとみられ、復旧に時間がかかる見通し。苫東厚真火力のストップで電力需給のバランスが大きく崩れ、別の道内3カ所の火力発電所もすべて停止している。

 北電では、火力の再稼働に必要な電力を供給するため、水力発電所5カ所を動かし、復旧を急いでいる。全道停電は1951年の北電創業以来初という。道内では、各地でエレベーターが緊急停止し、閉じ込められるトラブルが発生している。医療機関も緊急電源で対応しているほか、信号が機能しなくなり、警察官が交通整理している。

 こうした事態に世耕弘成経済産業相は病院などの重要施設への電源車の派遣などを指示、他の電力会社にも応援要請した。

 航空関係では、新千歳空港は地震の影響でターミナルビルで水漏れが発生し、保安検査機器に影響する可能性があるとしてビルを閉鎖した。6日同空港を発着する国内線、国際線の全線欠航が決まった。日本航空と全日空によると、函館、帯広、釧路空港など道内の一部の空港で定期便を運航しているが、遅延や欠航の可能性もあるという。

 鉄道はJR北海道によると、北海道新幹線と全ての在来線で始発から運転を見合わせている。トンネルや線路の設備を点検しているが、運転再開の見通しは立っていない。また、札幌市交通局によると、市営地下鉄と路面電車の全線で運転を見合わせた。道内の大手バス各社も当面運休することを決めた。北海道と本州を結ぶフェリーは函館-青森間や函館-大間間など一部航路でダイヤが乱れている。

 北海道危機対策課によると、6日午前9時現在で安平、厚真、江別の3市町で全面断水しているほか、日高、栗山、南幌、石狩、浦臼、雨竜の6市町で一部断水している。【野原寛史、和田憲二】

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. ホテル 「ヒルトン福岡」駐日キューバ大使の宿泊拒否
  2. 衆院内閣委 桜田氏、サイバー担当でもパソコン使わず
  3. 中央防災会議 南海トラフ前兆 M8級「半割れ」で要避難
  4. NHK紅白 サチモスなど7組初出場 TOKIO選ばれず
  5. 熱血!与良政談 改革後19年の惨状=与良正男

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです