メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

愛知一家殺傷

中国籍被告の死刑確定へ 最高裁上告を棄却

 愛知県蟹江町の住宅で2009年5月、山田喜保子(きほこ)さん(当時57歳)一家3人を殺傷したとして強盗殺人罪などに問われた中国籍の無職、林振華(りんしんか)被告(35)の上告審判決で、最高裁第1小法廷(木沢克之裁判長)は6日、被告の上告を棄却した。死刑とした1、2審判決が確定する。

 1、2審判決によると、林被告は09年5月1日夜、山田さん方に侵入して金品を物色中に喜保子さんに見つかり、モンキーレンチで頭部を多数回殴って殺害。帰宅した次男雅樹さん(同26歳)を包丁で刺殺し、三男(34)もナイフで刺して2週間のけがをさせ、現金約20万円と腕時計1個を奪った。

 弁護側は上告審の弁論で「強盗の計画性は無かった」などと主張し、死刑を回避するよう求めていた。【伊藤直孝】

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 防弾少年団 秋元康氏作詞の新曲発表中止 ファン批判で
  2. 夜光雲 ロケットのガスで発生か 白や赤に輝く羽衣のよう
  3. 自民総裁選 進次郎氏、制止され早期表明断念
  4. 滋賀 イナズマロックフェス開幕 西川貴教さん熱唱
  5. 外来テントウムシ 天敵に天敵、クズ栄える? 関西都市部などで拡大、カメムシ危機

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです