メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

北海道震度6強

サッカー代表戦開催可否 6日夕までに

停電で町中の信号機が消え、警察の誘導で道路を横断する人たち=札幌市中央区で2018年9月6日午前、真貝恒平撮影

 日本サッカー協会は6日、北海道で発生した最大震度6強の地震の影響で、7日午後7時から札幌ドームで予定されている日本代表の国際親善試合、チリ戦について、6日午後6時までに開催可否を決定すると発表した。

 日本代表、チリ代表ともに札幌市内に滞在しているが、両チームへの被害はないという。日本協会関係者は「日本代表チームは地震発生直後は余震に備えて低層階に集まったが、その後は各部屋に戻っている。まずは復旧などの情報を集めたい」と話した。【大島祥平】

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 街頭演説 麻生氏「人の税金で大学に」 東大卒市長批判
  2. 健康対策 米、メントールたばこ禁止方針
  3. ガンバレルーヤ・よしこさん 病気のため一時休養を発表
  4. 選抜高校野球 21世紀枠、推薦46校出そろう
  5. 橋爪功 「まんぷく」を朝ドラと知らず出演快諾 「泥臭く人間臭いドラマになれば」と

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです