メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

北海道震度6強

サッカー代表戦開催可否 6日夕までに

停電で町中の信号機が消え、警察の誘導で道路を横断する人たち=札幌市中央区で2018年9月6日午前、真貝恒平撮影

 日本サッカー協会は6日、北海道で発生した最大震度6強の地震の影響で、7日午後7時から札幌ドームで予定されている日本代表の国際親善試合、チリ戦について、6日午後6時までに開催可否を決定すると発表した。

 日本代表、チリ代表ともに札幌市内に滞在しているが、両チームへの被害はないという。日本協会関係者は「日本代表チームは地震発生直後は余震に備えて低層階に集まったが、その後は各部屋に戻っている。まずは復旧などの情報を集めたい」と話した。【大島祥平】

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 心臓移植募金、ZOZO前沢氏呼びかけで目標額に 「おうちゃん」家族の思いは
  2. 時代の風 日本人の変わらぬ中国観 自国の立ち位置、直視を=城戸久枝・ノンフィクションライター
  3. プロ野球 中日・松坂、開幕は絶望的
  4. はしか、近畿で急増 患者数の約7割が6府県と三重
  5. トランプ米大統領 「安倍首相がノーベル平和賞に推薦」「最も美しい手紙」

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです