メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

大相撲

稀勢の里が秋場所出場へ 4場所ぶり

稀勢の里

 大相撲の横綱・稀勢の里(32)=田子ノ浦部屋=が、秋場所(9日初日、東京・両国国技館)に出場することになった。師匠の田子ノ浦親方(元前頭・隆の鶴)が6日、東京都内で取材に応じ、「稀勢の里本人と話し、(秋場所に)出場することになった」と説明した。

 稀勢の里は昨年1月の初場所で初優勝し、横綱に昇進。続く3月の春場所で左胸などを負傷しながら2場所連続優勝した。だが、その後は今年7月の名古屋場所まで8場所連続で休場し、横綱では年6場所制になった1958年以降で単独最長となった。

 稀勢の里はこれまでに、秋場所に出場した場合は進退を懸ける覚悟で臨む意向を示している。本場所への出場は途中休場した今年1月の初場所以来、4場所ぶりとなる。【飯山太郎】

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 仙台 交番で警官刺され死亡 襲撃の男、別の警官が射殺
  2. 北海道地震 「セイコーマート」95%が営業できた理由は
  3. 自民党総裁選 発言・論点をはぐらかす 識者が指摘する安倍首相「ご飯論法」の具体例
  4. 新潮45 杉田水脈議員擁護の特集 批判は「見当はずれ」
  5. 台風21号 大阪湾内6割超「走錨」か 連絡橋衝突船含め

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです