メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

号外「新潮45」が休刊 杉田氏擁護特集で批判浴び
北海道震度7

サッカー日本代表とチリの親善試合は中止に

地震の影響で練習ができず、宿舎の近くを歩いて体を動かすサッカー日本代表の選手たち=札幌市内で2018年9月6日午後4時2分、大島祥平撮影

 日本サッカー協会は6日、札幌ドームで7日午後7時開始で予定されていた日本代表の国際親善試合チリ戦を中止すると発表した。地震被害の大きさ、電力や交通網などへの影響、観客の安全確保等を考慮した。

 日本代表、チリ代表ともに札幌市内に滞在しているが、被害はなかった。午後に予定されていた練習も中止となり、日本代表選手たちは宿舎の周辺を散歩して軽く体を動かした。

 7月に就任し、チリ戦がフル代表監督として初采配となる予定だった森保監督は「残念だが自然災害には太刀打ちできない。我々はサッカーでしかサポートできないが、被災された方々を励まし、元気づける気持ちでやろうと選手に話した」と語った。FW浅野(ハノーバー)は「僕たちができることはサッカーというスポーツで周りを勇気づけることだけ。そのための準備をするしかない」と気持ちを切り替えた。

 11日に大阪・パナソニックスタジアム吹田で予定されているコスタリカ戦は開催する方針。日本代表は8日に大阪へ移動予定だったが前倒しも含めて検討している。チリは韓国戦を控えており、日本協会は韓国への移動をサポートする。

 日本代表戦が中止になるのは、東日本大震災があった2011年3月のモンテネグロ戦、ニュージーランド戦以来となった。【大島祥平、福田智沙】

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 涼宮ハルヒ 5年ぶり新作書き下ろし短編 「ザ・スニーカー」特別号に掲載
  2. 大相撲 貴乃花親方が相撲協会に退職届を提出
  3. 大阪震度6弱 塀倒壊で女児死亡 高槻市が和解金支払いへ
  4. WEB CARTOP 海外で言うと恥ずかしい!? 日本車のおかしな車名3選
  5. 月刊相撲 おかみさん・リレーコラム 千賀ノ浦部屋・舛田奈緒子さん(58)

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです