メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

自民党総裁選

「正直、公正」がなぜ個人攻撃なのか?

閣議に向かう安倍晋三首相=首相官邸で2018年9月4日午前9時56分、川田雅浩撮影

 7日に告示される自民党総裁選で「正直、公正」をスローガンに掲げた石破茂元幹事長が、3選を目指す安倍晋三首相(党総裁)の支持派から「野党のようだ」と批判を浴び、自らの陣営でも「個人攻撃は控えて」とくぎを刺された。しかし森友・加計学園問題では、首相や妻昭恵氏に近い人物が優遇されたのではないかという疑問が一掃されていない。個人攻撃という指摘は、現状を「不正直、非公正」と認識する自民党議員がいることの裏返しではないのか。【和田浩幸/統合デジタル取材センター】

この記事は有料記事です。

残り1804文字(全文2032文字)

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 読谷村 高2少女が生後5カ月妹抱いて逃げ…不法侵入疑いの米兵不起訴 村長強い憤り/沖縄
  2. 棚橋弘至選手 「笑顔、無理ですよ…」 “恩人”の手紙に男泣き 寺田心も涙
  3. 自民総裁選 進次郎氏、制止され早期表明断念
  4. 沖縄読谷 米兵、酔って民家侵入 高2長女、妹抱え逃げる
  5. はやぶさ2 リュウグウに着陸 表面画像撮影にも成功

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです