メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

自動車先端技術

国際展示会、名古屋で初開催

 国内外の自動車関連企業が先端技術を展示する「オートモーティブワールド」が5日、名古屋市港区の市国際展示場「ポートメッセなごや」で開幕した。名古屋での開催は初めてで、7日まで。電機や素材メーカーなど約350社が自動運転や電動車の軽量化などに向けた最新技術を披露した。

     展示会はこれまで東京都内で開かれていたが、トヨタ自動車など自動車産業が集積する中部での開催も求める声が強まり、今回から実現した。ロボットや、生産性を高める「スマート工場」向け技術など同時開催の展示会も含め、約3万人の来場を見込んでいる。

     自動運転分野では、カメラやレーダーを搭載した車両や、カメラ技術を生かした電子ミラー、人工知能(AI)技術などが展示された。軽量化では、高性能樹脂や植物由来のプラスチック材などが並んだ。韓国や中国、東南アジアなど海外企業の出展も目立った。【小倉祥徳】

    毎日新聞のアカウント

    話題の記事

    アクセスランキング

    毎時01分更新

    1. 会津藩公行列 「ありがとなし…」綾瀬はるかさん手を振り
    2. 訃報 樹木希林さん75歳=女優
    3. 大阪 川遊びの小3男児が行方不明 大和川
    4. 警察庁 40代女性警視がセクハラ被害 公務災害に認定
    5. 新元号 即位前公表「ルール違反」 京産大名誉教授が指摘

    編集部のオススメ記事

    のマークについて

    毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです