メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

米上院

マケイン氏後任を指名 アリゾナ州知事

ジョン・カイル氏=AP

 【ワシントン高本耕太】米西部アリゾナ州のデュシー知事(共和党)は4日、8月下旬に脳腫瘍で死去した共和党重鎮マケイン上院議員の後任に、同州選出元上院議員のジョン・カイル氏(76)を指名すると発表した。任期は補欠選挙が実施される2020年まで。宣誓式を経て5日にも就任する。

     同州では上院の議席が空席になった場合、知事が前任と同じ党所属の後任を指名することになっている。マケイン氏死去で上院の議会構成は共和50、民主49となっていたが、共和党は近く予定される最高裁判事候補カバノー氏の承認採決までに過半数の51議席を確保することになった。

     カイル氏は1995~13年に上院議員で、現在はワシントンでロビイストとして活動。マケイン氏はトランプ大統領と対立することが多かったが、党ナンバー2の院内幹事を務め、政界に幅広い人脈を持つカイル氏は「マケイン支持者ともトランプ派とも良好な関係を築ける」(ニューヨーク・タイムズ紙)と評されている。

    毎日新聞のアカウント

    話題の記事

    アクセスランキング

    毎時01分更新

    1. 新潮45 杉田氏擁護特集で社長コメント「常識逸脱した」
    2. 沖縄読谷 米兵、酔って民家侵入 高2長女、妹抱え逃げる
    3. プロ野球 中日・岩瀬、1000試合登板まであと2
    4. 県警不祥事 止まらない 警官、押収AV大量盗む 容疑で書類送検 別に盗撮疑いも /大分
    5. 台湾 駐大阪代表が自殺 台風被害の関空対応で批判相次ぐ

    編集部のオススメ記事

    のマークについて

    毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです