メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

台風21号

京都で国宝・重文被害60件

 京都府内では5日午後4時までに国宝4件、重要文化財15件を含む約60件の被害が判明した。

 京都市中京区の二条城・二の丸御殿(国宝)では屋根付近に取り付けられた銅板製の菊の紋章2個(直径1.2メートルと同92センチ)が落下。二の丸御殿や土蔵(重要文化財)の瓦が飛ばされ、土塀(高さ約3メートル)も約100メートルにわたって倒壊した。

 いずれも国宝の千本釈迦堂本堂(同市上京区)、仁和寺金堂(同市右京区)でそれぞれ屋根や扉が破損。西本願寺(同市下京区)では重文の阿弥陀堂門の屋根がはがれ、南能舞台南側の塀も倒れた。平野神社(同市北区)では1650年に徳川秀忠の娘・東福門院が建立したとされる拝殿(府指定文化財)の柱が倒れ、屋根が落ちた。

 奈良県斑鳩町の法隆寺では、金堂と五重塔(いずれも国宝)の屋根に付けられた飾り「風鐸(ふうたく)」の部品が落下した。【国本ようこ、飼手勇介、大川泰弘】

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 会津藩公行列 「ありがとなし…」綾瀬はるかさん手を振り
  2. 障害者雇用水増し 「名前貸して」元横浜家裁職員が証言
  3. 新元号 即位前公表「ルール違反」 京産大名誉教授が指摘
  4. 海賊 ソマリア沖で商船襲撃相次ぐ 干ばつや飢饉が影響か
  5. 町田女性殺害 被害者は頭蓋陥没 頭髪から数ミリのねじ

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです