メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

妊産婦自殺

2年間で102人 「産後うつ」要因か

 2015~16年の2年間に妊娠中や産後1年未満に自殺した女性は全国で102人いたとの調査結果を、国立成育医療研究センターなどのチームが5日、公表した。病気などを含めた妊産婦死亡数の約3割を占め、最多だった。全国的な妊産婦の自殺数が判明するのは初めて。産後に発症する「産後うつ」などが要因とみられる。

 調査では全ての出生、死亡情報を含む厚生労働省の人口動態のデータを分析した。2年間に死亡した妊娠中から産後1年未満の女性は357人で、うち自殺は29%だった。その他の死因は、がんや心疾患、脳神経疾患などだった。

 出産後の自殺92人を分析したところ、年代別では35歳以上が45人でほぼ半数で、初産も60人で65%を占めた。世帯別では、就労している人がひとりもいない「無職世帯」の女性の自殺率が高かった。

 同センターの森臨太郎・政策科学研究部長は妊娠・出産をめぐる医療について「課題は産後うつなどメンタルヘルスという認識だったが、客観的な形で示された」と話す。「自殺の原因はさまざまなものが考えられるが、妊娠や出産は家族にとって大きなイベントで、不安を抱えるもの。地域のネットワークなどによる支援が必要」と指摘した。

 女性全体の自殺死亡率は人口10万人当たり約10人。今回の結果を、出生数10万人当たりの自殺死亡率として計算すると5.03人だったが、森部長は「子どもにとっては母親を失うことで、あってはならない」と指摘する。

 妊産婦の自殺については、東京23区で14年までの10年間に63人が死亡したとの調査がある。厚労省は昨年度、産後うつや児童虐待を予防するため、産後2週間や1カ月の健診を行う自治体への補助制度を新設している。【五味香織】

ことば「産後うつ」

 出産から間もない時期に発症するうつ病。出産後は、ホルモンバランスが急激に変化し、心身が不安定になりやすく、育児への不安や社会からの孤立などが重なることで発症するとみられる。発症時期の明確な定義はないが、厚生労働省の推計では、産後1カ月での発症率は8.5%(2016年度)とされる。

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 所ジョージ 「夏に胆のう摘出手術」 新番組で記者会見
  2. 新潮社 「あのヘイト本」Yonda? 看板に落書き
  3. 貿易制裁 第3弾、消費者直撃 米家電、中国部品に依存
  4. 対中制裁第3弾 日本企業困惑 生産拠点の中国離れ加速か
  5. みんなの広場 切り抜き読み返す「人間」=主婦・横井由美子・67

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです