メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

三重・鈴鹿の男性殺害

妻と交際相手を殺人罪などで起訴

 三重県鈴鹿市の解体作業員、横山麗輝(よしき)さん(当時25歳)が殺害された事件で、津地検は5日、妻のスナック経営、横山富士子容疑者(46)と富士子容疑者の交際相手で無職、上山真生(まお)容疑者(29)を殺人と暴行の罪で起訴した。

     地検は両被告の起訴内容の認否を明らかにしていないが、離婚話を巡るトラブルが動機とみている模様だ。

     起訴状によると、両被告は共謀して5月13日午前0時15分ごろに横山さん方で横山さんの首を絞めるなどし、同4時5分ごろ~39分ごろの間に鈴鹿市の富士子被告のスナックで横山さんの首を電気の延長コードで絞め、同6時13分ごろまでに窒息死させたとされる。ともに上山被告が実行役だったとしている。

     両被告は横山さん方での暴行について殺人未遂容疑で逮捕されたが、地検は殺意が認められないと判断したとみられる。遺体を横山さん方駐車場の車内に放置したとする両被告の死体遺棄容疑に関しては、死亡時刻の特定が難しく放置時に死亡していたとは立証できないとして、容疑不十分で不起訴とした。

     また、殺人未遂容疑で逮捕された富士子被告の母(69)については、共謀を認めるに足りる証拠がないとして容疑不十分で不起訴とした。【森田采花】

    毎日新聞のアカウント

    話題の記事

    アクセスランキング

    毎時01分更新

    1. 覚醒剤 使用容疑で元うたのお兄さんを逮捕
    2. 安室さんコンサート 療育手帳提示で入場できず 返金へ
    3. 自民党総裁選 小泉進次郎氏、石破氏を支持
    4. 日本維新の会 創始者・橋下氏が新著「維新、失敗だった」
    5. 北九州 マンションで女性4人死亡、自殺か

    編集部のオススメ記事

    のマークについて

    毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです