メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

岐阜・入院患者死亡

病院長「死因は病死と判断」

藤掛陽生院長=岐阜市一番町で2018年8月28日午後1時46分、沼田亮撮影

 岐阜市のY&M藤掛第一病院に入院していた80代の患者5人が熱中症の疑いで相次ぎ死亡した問題で、病院の藤掛陽生(ようせい)院長は5日夜、弁護士を通じ「死因はいずれも病死だと判断した。真相解明に全面的に協力する」とのコメントを発表した。病院側が死因に言及するのは初めて。

 コメントではさらに「他界された患者様に哀悼の意を表し、ご冥福をお祈りする。もっとできることはなかったのか考え、より良い医療を目指して努力を続ける」としている。

 一方、弁護士は文書で問題の経過を説明した。死亡した5人について「意思表示できる方も不十分な方もいた…

この記事は有料記事です。

残り300文字(全文564文字)

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. カジワラさん「入国時、約2時間入管で足止め」 辺野古移設でサイト署名呼びかけ人
  2. アクセス 即位で10連休、非正規悲鳴 月7万円減収/人手不足で「働き詰め」 格差の放置浮き彫り
  3. 「非正規に励み」「画期的な判決」 ボーナス不支給違法判断、大阪高裁
  4. 墜落 空自戦闘機、山口沖に 乗員2人救助 築城基地所属
  5. 「手術女性患者にわいせつ」医師に無罪判決 「女性に性的幻覚の可能性」 東京地裁

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです