メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

岐阜・入院患者死亡

病院長「死因は病死と判断」

藤掛陽生院長=岐阜市一番町で2018年8月28日午後1時46分、沼田亮撮影

 岐阜市のY&M藤掛第一病院に入院していた80代の患者5人が熱中症の疑いで相次ぎ死亡した問題で、病院の藤掛陽生(ようせい)院長は5日夜、弁護士を通じ「死因はいずれも病死だと判断した。真相解明に全面的に協力する」とのコメントを発表した。病院側が死因に言及するのは初めて。

 コメントではさらに「他界された患者様に哀悼の意を表し、ご冥福をお祈りする。もっとできることはなかったのか考え、より良い医療を目指して努力を続ける」としている。

 一方、弁護士は文書で問題の経過を説明した。死亡した5人について「意思表示できる方も不十分な方もいた…

この記事は有料記事です。

残り300文字(全文564文字)

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 橋爪功 「まんぷく」を朝ドラと知らず出演快諾 「泥臭く人間臭いドラマになれば」と
  2. 健康対策 米、メントールたばこ禁止方針
  3. キイレツチトリモチ まるでキノコ、珍種が開花 牧野植物園 /高知
  4. 6さいからのニュース シャンシャンおやばなれへ
  5. クローズアップ2017 特養、受け入れ敬遠 国の制限「意味ない」

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです