メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

地震

北海道・胆振地方中東部で震度6強 津波の心配なし

地震発生後、市内の被害情報などを収集する苫小牧市危機管理室の職員たち=苫小牧市役所で2018年9月6日午前3時35分、福島英博撮影

 6日午前3時8分ごろ、北海道・胆振地方中東部を震源とする地震があり、安平町で震度6強を観測した。

 気象庁によると、震源の深さは約40キロで、地震の規模を示すマグニチュード(M)は6.7と推定される。気象庁によると、若干の海面変動が予想されるが、津波の心配はない。

 その他の主な各地の震度は次の通り。

 震度6弱=新千歳空港

 震度5強=苫小牧市、千歳市、札幌市北区、江別市、三笠市、長沼町など

 震度5弱=室蘭市、登別市、白老町、恵庭市、北広島市など

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. ORICON NEWS ぼくりり、来年1月で活動終了へ「偶像に支配されちゃうことに耐えられない」
  2. 自民総裁選 進次郎氏、制止され早期表明断念
  3. 自民総裁選 「45%」割れる解釈 麻生氏「どこが善戦」
  4. 自民総裁選 カツカレー「食い逃げ」議員は? 安倍陣営
  5. 日本橋 百貨店、新館・改装続々 外国人接客きめ細かく

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです