メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

体操

速見コーチ、暴力行為を謝罪

宮川紗江選手に関する問題で、謝罪し頭を下げる速見佑斗コーチ=東京都港区で2018年9月5日午後5時2分、玉城達郎撮影

 体操のリオデジャネイロ五輪女子代表の宮川紗江選手(18)への暴力で日本体操協会から無期限の登録抹消処分を受けた速見佑斗コーチ(34)が5日、東京都内で記者会見した。速見氏は「宮川選手や周りにいた選手、コーチに不快な思いと恐怖を与え、深くおわびします。暴力行為はどういう理由であれ、決して許されない」などと謝罪した。

 速見氏は長年にわたる暴力行為を認め、「良くないと分かっていながら我慢できなかった」と説明。日本協会が認定した髪の毛を引っ張るなどの行為に加え、顔を平手でたたいたり、尻を蹴ったりしたことも明かした。

 一方、日本協会の塚原千恵子強化本部長と夫の塚原光男副会長からパワーハラスメント被害を受けたとする宮川選手の告発についても言及。2020年東京五輪に向けた強化プロジェクトに宮川選手が参加しなかったため、昨夏に塚原強化本部長から「『2020に入らないから海外派遣されないのよ』と言われた」と主張した。宮川選手は協会の強化指定選手でありながら国の拠点施設の利用を制限されるなどしたといい、「圧力を感じていた」と訴えた。宮川選手は塚原夫妻の直接謝罪の申し入れを拒否する意向という。

 今後について、速見氏は宮川選手の希望を踏まえ、コーチの再登録を視野に指導を継続し、ともに東京五輪を目指す考えを示した。

 日本協会は5日、パワハラの有無などを調べる第三者委員会の委員長に元日本弁護士連合会副会長の岩井重一弁護士を選任したと発表。岩井氏が他の委員を選び、今月中にも調査結果をまとめる方針。【田原和宏】

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 事故 声優の平野綾さんが追突 けがなし 東京
  2. 沖縄県警 県営住宅に女性遺体 打撲痕あり
  3. 古典落語 英・中・韓3カ国語で上演 大阪で28日
  4. トランプ米大統領 自慢に失笑 国連総会で各国指導者
  5. 大相撲 番付編成会議 貴乃花親方は欠席

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです