メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

大リーグ

尊敬する松井に並んだ 1年目の大谷16号

レンジャーズ戦に「2番・指名打者」で出場したエンゼルスの大谷=ロイター

 米大リーグは4日、各地で行われ、エンゼルスの大谷がアーリントンでのレンジャーズ戦に「2番・指名打者」でフル出場し、1-4の六回に左投手からメジャー初本塁打となる16号ソロを放って4打数1安打1打点、1得点で2三振だった。メジャー1年目の日本選手の本塁打数で2003年の松井秀喜(ヤンキース)に並ぶ2位とし、1位の06年の城島健司(マリナーズ)にあと2本に迫った。

 同僚の田沢は2-4の七回に登板し、1回を1安打無失点だった。チームはそのまま敗れた。

おすすめ記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. いじめを半年以上放置 広島・呉の中3下着脱がされ精神疾患
  2. 準強姦無罪判決のなぜ その経緯と理由は?
  3. 高2自殺の背景に教員らの「いじめ」があった 遺族は強い憤り
  4. 「亡き友よ 次は甲子園の優勝メダル届けるよ」筑陽学園・西舘投手
  5. 米大リーグ マリナーズ・イチロー現役引退 「妻が一番頑張った」 孤高の天才支えた家族

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです