メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

大リーグ

尊敬する松井に並んだ 1年目の大谷16号

レンジャーズ戦に「2番・指名打者」で出場したエンゼルスの大谷=ロイター

 米大リーグは4日、各地で行われ、エンゼルスの大谷がアーリントンでのレンジャーズ戦に「2番・指名打者」でフル出場し、1-4の六回に左投手からメジャー初本塁打となる16号ソロを放って4打数1安打1打点、1得点で2三振だった。メジャー1年目の日本選手の本塁打数で2003年の松井秀喜(ヤンキース)に並ぶ2位とし、1位の06年の城島健司(マリナーズ)にあと2本に迫った。

 同僚の田沢は2-4の七回に登板し、1回を1安打無失点だった。チームはそのまま敗れた。

この記事は有料記事です。

残り498文字(全文723文字)

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. くらしナビ・ライフスタイル 「光コラボ」契約に注意 トラブル後絶たず 相談半数が60歳以上
  2. 猛毒魚、購入者が届け出「食べたが、元気だ」
  3. 税制改正大綱 未婚親支援、調整難航
  4. 社説 河野外相の記者会見発言 「次の質問」という傲慢さ
  5. 生保契約トラブル 無理な勧誘、高齢者に続発

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです