メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

広島・新井引退

「全力プレーの大切さ」阪神の金本監督

 プロ野球・広島東洋カープの新井貴浩内野手(41)が5日、今季限りでの現役引退を表明した。

 新井と親交が深かった阪神の金本知憲監督は、マツダスタジアムでの対戦前に取材に応じ、「残した数字より、全力プレーなど野球に対する姿勢が今のカープを強くした。貢献度は大いにある」とたたえた。

 同じ広島市出身で、8学年下の新井を「弟みたいな存在だった」という金本監督。「若いときはミスばかりしていた。いろいろ楽しませてくれた」と笑いつつ、練習や全力プレーの大切さを説いたことを懐かしそうに振り返った。

 ともに広島でプレーした後、2002年オフに阪神へ移籍した金本監督を追うように、5年後には新井もFA移籍。08年4月12日の横浜戦(横浜スタジアム)では、金本監督が通算2000安打、新井が通算1000安打を同時に達成したこともあった。

 新井の引退の決断については「言えるところと言えないところがあるが、正式には今朝、電話をもらった」と以前から相談に乗っていたことをうかがわせつつ、「もう少しできる体力はあると思う。もったいないが、引き際はそれぞれ違う。彼なりの決意をした」と理解を示した。

 阪神の監督就任以降は、対戦相手としてしのぎを削った。「カープに戻ってどうなるかと見ていたが、いい場面で打つようになった。悔しい思いばかりさせられたが、心の中ではよく頑張っているなとずっと思っていた」と「弟」の成長をうれしそうに語った。【村社拓信】

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 涼宮ハルヒ 5年ぶり新作書き下ろし短編 「ザ・スニーカー」特別号に掲載
  2. 大相撲 貴乃花親方が相撲協会に退職届を提出
  3. 大阪震度6弱 塀倒壊で女児死亡 高槻市が和解金支払いへ
  4. WEB CARTOP 海外で言うと恥ずかしい!? 日本車のおかしな車名3選
  5. 月刊相撲 おかみさん・リレーコラム 千賀ノ浦部屋・舛田奈緒子さん(58)

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです