メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

広島・新井引退

「若手が力をつけている」慰留も変わらず

新井の軌跡

 プロ野球・広島東洋カープの新井貴浩内野手(41)が5日、広島市のマツダスタジアムで記者会見を開き、「今年は(ファンを)喜ばせられていないし、若手が力をつけてきている。今後のカープを考えると今年がいいんじゃないかと考えた」と述べ、今季限りでの引退を表明した。

 会見では8月初旬に球団に引退を申し入れたことを明かし、「『考え直せ』と言ってもらい1カ月考えてみたが、気持ちが変わらなかった」と話した。さらに球団初のセ・リーグ3連覇に向けて首位を走るチームを念頭に「日本一になって、みんなとうれし涙で終われたら最高。力になれるように、最後まで全力で駆け抜けたい」と晴れやかな表情で話した。

 今季は3月に左足ふくらはぎを痛め14年ぶりに開幕1軍から外れ、5月初旬に戦列に復帰。5月23日には今季第1号本塁打を放つなど要所で活躍も見せたが主に代打での出場にとどまり、49試合で打率2割2分2厘、4本塁打、20打点にとどまっていた。

 新井は広島市出身。広島工高から駒沢大に進み、1999年にドラフト6位で広島に入団し、2005年に43本塁打を放って本塁打王に輝くなど球界を代表するスラッガーに成長した。07年オフにはフリーエージェント権を行使して阪神に移籍し、東日本大震災が起きた11年にはプロ野球選手会の会長としてシーズン開幕の延期などに奔走した。15年に古巣に復帰すると、16年には通算2000安打を達成するとともにリーグ最優秀選手賞(MVP)に選ばれる活躍で25年ぶりのリーグ優勝に貢献した。

 4日までの通算成績は2369試合に出場し、打率2割7分8厘、2200安打、319本塁打、1299打点。【田中将隆】

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 訃報 山本KID徳郁さん、がんで死去 総合格闘家
  2. 自民党総裁選 発言・論点をはぐらかす 識者が指摘する安倍首相「ご飯論法」の具体例
  3. ORICON NEWS 魔裟斗&須藤元気が山本KIDさん追悼 04年&05年大みそかにKIDさんと対戦
  4. 特集ワイド ビゴの店、フィリップ・ビゴさん 本物伝え半世紀
  5. 都教委 自民都議問題視の性教育容認 中3に性交など説明

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです