メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

広島・新井引退

「超一流の体の強さ」で猛練習

今季限りでの引退を表明した広島東洋カープの新井貴浩内野手=広島市で2018年9月5日午後0時9分、田中将隆撮影

 「自分は大したセンスもないし、練習することでここまで来た」。引退の二文字をかみ締めながら会見で口にした自己評価が、新井の野球人生を物語っていた。

 駒沢大から広島にドラフト6位で入団した新井。獲得の経緯を知る苑田聡彦スカウト統括部長は「ボールがバットにかすりもしないし、守備での投げ方もおかしい。野球の技術は全然(駄目)だった」と当時を振り返る。そんな新井をトップ選手に押し上げたのは、球界随一とも呼ばれた広島の猛練習に耐える「超一流の体の強さ」だった。

 誰よりも遅くまで練習に明け暮れ、1年目から7本塁打を放つなどスラッガーの片りんをみせた。過酷な下積…

この記事は有料記事です。

残り407文字(全文684文字)

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. KDDI 3Gサービス 22年3月末終了 携帯大手で初
  2. 選抜高校野球 21世紀枠、推薦46校出そろう
  3. 小池知事 鳥取知事の「母の慈愛」発言に「傷ついた」
  4. 福岡 大濠公園の池、元福岡銀頭取死亡 事故と事件で捜査
  5. 下村・自民改憲本部長 謝罪 反発やまず 衆院憲法審の開催不透明 首相の側近起用が裏目に

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです