メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

広島・新井引退

「お陰で絆持つチームに」松田元オーナー

 プロ野球・広島東洋カープの新井貴浩内野手(41)が5日、今季限りでの現役引退を表明した。

 広島・松田元オーナー 新井選手は、心で考える人です。心で考えた決意なので引き留めることができませんでした。私たちのチームが、兄弟のような絆を持つチームになったのは、新井選手のお陰だと思っています。優勝し、日本一になって彼を送り出せることを願っています。

決断は彼らしい

 広島OB・黒田博樹氏 こういう決断をするのではと思っていたところもありました。ただ、言葉で聞いたときはショックでした。チームのこと、若い選手のことを考えた決断というのは彼らしい。チームを引っ張っていく姿勢は変わらないでしょうし、最後までたくさんの声援を受けて一日一日を過ごしてもらいたいです。

涙を流しても心が折れなかった

 山本浩二氏 (会見の)朝に連絡をもらい、「ご苦労さま、これからも野球界のために恩返しをしてほしい」と伝えました。私が監督の時に4番に据えた。目の前で泣かれたことも覚えている。技術的には不器用で時間もかかった。広島の練習の厳しさは今思うと想像を絶していたが、涙を流しても心が折れることがなかった。ガッツがあった。そして彼は、周囲に感謝できる選手。自分を育ててもらった方々に感謝し、チームメートに感謝してプレーできる。阪神から広島に戻ってきて、(引退した)黒田博樹とともに今のカープを作ってくれた。本当にお疲れさまと言いたい。

本当に努力をした

 駒沢大の先輩で広島OBの野村謙二郎氏 若い頃から見てきた。たくさん練習させられて怒られてバカにされても、心は折れなかった。本当に努力をした。技術を練習で補ったという点では日本一じゃないかな。

育ててくれたお兄ちゃん

 広島・菊池 野球人として育ててくれたお兄ちゃん。一日でも長く(一緒にプレーしたい)とも思うが、記録より記憶に残るシーズンにしたい。

さみしいの一言

 広島・会沢 さみしいの一言。苦しい時に、すごく言い言葉をもらった。来年以降、安心して見てもらえるような戦いをしていきたい。

日本一になって送り出したい

 広島・野村 もう少し長く一緒に野球をしたかった。いつも一生懸命な新井さんに負けられないという気持ちになる。日本一になって送り出したい。

尊敬し誇りに思う

 弟の阪神・新井良太2軍育成コーチ 20年間、本当にお疲れさまでした。プロ野球界の先輩として、兄として、尊敬し誇りに思う。残り少ないシーズン、最後まで全力で駆け抜けてほしい。

人間としても素晴らしい

 ヤクルト・宮本慎也ヘッドコーチ さびしい気持ち。オールスターの時に守備を教えてほしい、と声を掛けてもらってから話すようになった。東日本大震災の時も素晴らしいリーダーシップを発揮してくれた。人間としても素晴らしい。この間も60歳までプレーを続けると言っていたのに……。いずれカープの監督になるのかな。

新井さんみたいに慕われたい

 楽天・嶋 次の選手会長を頼まれた時、「やると言わないと電話を切らない」と言われた。(当時は)僕もまだプロ入りして数年。そんな若造が、と思ったけれど、新井さんから「困ったことがあれば助けてやる」と言われて腹をくくった。僕も新井さんみたいにみんなから慕われながら、一年でも長くやりたい。

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 自民党総裁選 発言・論点をはぐらかす 識者が指摘する安倍首相「ご飯論法」の具体例
  2. 自民党総裁選 石破氏、「応援なら大臣辞めろ」はパワハラ
  3. 質問なるほドリ NHK受信料、支払いは義務? テレビ設置日から 最高裁が初判断=回答・伊藤直孝
  4. NHK受信料 憲法判断 契約成立時期なども あす最高裁判決
  5. 金足農 寄付2億7000万円に 文化祭は一般公開中止に

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです