メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

若松孝二とその時代

(8)女優の寺島しのぶさんインタビュー

2010年8月14日の「キャタピラー」公開初日の寺島しのぶさんと若松孝二監督。寺島さんは若松監督と共に映画のキャンペーンのため全国各地を回った=鈴木隆撮影

 連載企画「若松孝二とその時代」第8回は日本を代表する女優、寺島しのぶさんのインタビューをお届けする。若松孝二監督の代表作の一つ「キャタピラー」(2010年)に主演し、独ベルリン国際映画祭銀熊賞(最優秀女優賞)を受賞。その後も仏カンヌ国際映画祭・ある視点部門に出品された「11・25自決の日 三島由紀夫と若者たち」(12年)では三島の妻役を、若松監督の遺作となった伊ベネチア国際映画祭・オリゾンティ部門に出品された「千年の愉楽」(13年)では主演の助産師役を演じた。まさに晩年の若松作品のミューズといえる寺島さん。「若松さんの作品なら、どんな役でも出演したかった」と、亡き監督への思いを熱く語ってくれた。【鈴木隆】

この記事は有料記事です。

残り4694文字(全文5001文字)

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 健康対策 米、メントールたばこ禁止方針
  2. 街頭演説 麻生氏「人の税金で大学に」 東大卒市長批判
  3. 橋爪功 「まんぷく」を朝ドラと知らず出演快諾 「泥臭く人間臭いドラマになれば」と
  4. クローズアップ2017 特養、受け入れ敬遠 国の制限「意味ない」
  5. 選抜高校野球 21世紀枠、推薦46校出そろう

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです