メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

北海道震度7

死者11人不明22人 停電は半数復旧

地震による土砂崩れで倒壊した建物の周辺を捜索する自衛隊員ら=北海道厚真町で2018年9月7日午前9時9分、本社ヘリから

 北海道で6日発生した最大震度7の地震で、7日午前11時までの道集計によると、大規模な土砂崩れが発生した厚真町や苫小牧市などで11人が死亡、7人が心肺停止の状態で、22人の安否が分かっていない。一方、安倍晋三首相は関係閣僚会議で16人が死亡したと述べた。道内全域の停電は解消が進み、全世帯の約半数にあたる145万5000戸が復旧。水漏れなどで閉鎖された新千歳空港は一部再開した。

     土砂崩れなどで全壊した家屋は道全体で28棟に上り、このうち厚真町が19棟を占めた。心肺停止は札幌市の1人のほか、同町の吉野地区3人▽富里地区2人▽幌里地区1人。吉野地区では34人の住民のうち半分以上が土砂崩れに巻き込まれた。

     今回の地震に伴う避難者は7日午前11時現在、札幌市やむかわ町を中心に7339人。小中高など公立学校の約9割にあたる1753校が臨時休校となった。

     北海道電力によると、午前9時までに火力や水力発電所の復旧と本州からの電力送電で全道約295万戸の半数近い145万5000戸が復旧した。同社は「7日中に8割程度の電力確保を目指す」としている。

     道警によると、正午現在、道内約1万3000カ所の信号の半数が復旧した。

     6日に国内線・国際線全便が欠航した新千歳空港は7日午前10時にターミナルビルが営業を再開し、同11時前に成田発のバニラ・エア機が到着した。日本航空も一部再開した。

     北海道新幹線は6日に終日運休したが、JR北海道は7日午後をメドに運行を再開させたいとしている。【川上珠実、土江洋範】

     厚真町が発表した亡くなった方々は次の通り。

     滝本卓也さん(39)=吉野地区▽滝本舞樺(まいか)さん(16)=同▽中田一生(かずのり)さん(76)=桜丘地区▽畑島武司さん(86)=朝日地区▽畑島富子さん(81)=同▽中村ミヨさん(76)=幌里地区▽林崎清五郎さん(87)=幌里地区▽林崎タケさん(84)=同


    北海道内の被害状況

    死者       11人

    心肺停止      7人

    安否不明     22人

    けが      359人

     (うち重症2人)

    避難者    7339人

    停電    約149万戸

    建物被害   全壊28棟

    半壊       18棟

    断水   3万8310戸

    =7日午前11時現在、北海道などのまとめ

    毎日新聞のアカウント

    話題の記事

    アクセスランキング

    毎時01分更新

    1. 「飲酒強要、ズボン脱がす」 近大医学部ゴルフ部員、警察に相談
    2. ORICON NEWS 指原莉乃、涙でHKT48卒業発表「平成のギリギリまでアイドルとして頑張りたい」
    3. 国税庁委託先がマイナンバーなど個人情報70万件漏えい
    4. 日大チアパワハラ 「学校の恥」「ずる賢いばか」暴言次々
    5. 「群馬大医学部不合格は55歳の年齢」横浜68歳女性、公明正大な入試訴え

    編集部のオススメ記事

    のマークについて

    毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです